8月4日

 

8月4日。金曜日。夜。音楽の時間。

今日は恋人がお休みだったので朝から喋っていた気がするけれど、なにも思い出せない。どうして忘れてしまうのだろう。夕方には体調も悪くなってしまい、恋人に言われた通り頭部を冷やして頭痛を収めるだけだった。でもそのときに食べ物について話した。食べ物のお話ってとても楽しい。恋人が珍しく欲張りになっちゃうのを聞いているとふふふってなる。楽しい。そういえば恋人と話した結果やっぱり三月からクリニックに通うことになった。2年のうちに全部治してしまいたい。わがままかな。でもやっぱり、一ヶ月五千円はキツいからはやくなおるといいなあ。お薬ちゃんと飲んで寝て動いて学んで働けばきっとすぐによくなっちゃうよね、

 

最近お気に入りのイラストレーターさんがいるのだけれど、instagramでしかフォローしてなくて、今日初めてTwitterを見たら、ツイートがとっても好みで私の好きな絵を描く人は皆素敵な文を書くな、と思った。素敵な絵を描く人、素敵な文を書く人は部屋も撮っても素敵。多分私がそういうものを気にする人を選んで好んでいるんだろうけれど、やっぱり素敵でもっと自分が好きなイラストレーターさんの絵を見たいし文字を見たいし部屋を見たいので、ネットサーフィンを続けたいと思います。

 

そのイラストレーターさんが岡崎京子にとてもインスピレーション、影響を受けていて、絵柄もやってることもそっくりなのだけれど、私にもその心が伝染して岡崎京子のエッセイとか読んでみたいなって思った。出かける予定はあるけれど、行ったところで田舎の書店にはきっと岡崎京子なんてだろうから、今とてもほしい漫画と一緒に注文しちゃおうと思う。

 

そういえば小さい時からというか、私の周りには本を読む人がみじんもいない。近寄る人のほとんどが読んでも漫画で私のように活字をジャンクフードのように貪る人はいない。半年に一回ケータイ小説みたいなしょっぱいベストセラー小説を購入して読書家なんていうようなタイプしかいない。少し話しただけでも、え、本買うの。なんていわれる。本は買わないものだと思ってる人とか、本はつまらない人間を生むものと思っているようなタイプの人間しか寄ってこない。なんでだろう。割と類ともが多いほうなのに、本だけは相性が悪い。だからということはないけれど、本屋さんの、ハードカバーのところにいる同世代の男の子とか女の子とか、いつも気になってたな。

 

夏の目標を決めたのだけれど、ジャンルを複数決め手そのジャンルに関する本を10冊ずつ読む、10本ずつみるというもの。楽しそうでしょう。たとえば、女流作家とか。ミニマリスト。作者名でもいいし、ミステリ、ベストセラーでもいい。映画だと、オードリーしばり、モノクロ映画。ホラー。アニメ。監督とかね。もう八月はじまって数日たってるけれど八月の目標はこんな感じ。これだと出不精の私でも本を図書館に借りに行くと思うの。月に産四回くらいしか外に出てないから外に出ないとね。